GN125Hサービスキャンペーン


本日、該当のお客様にはDMを差し上げましたが、当店では以下の内容にてサービスキャンペーンを行っています。

______________________________
GN125Hユーザーの皆様

  スパークプラグサービスキャンペーンのお知らせ
平素より格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。愛車の調子はいかがでしょうか。
さてこの度、スズキGN125Hにサービスキャンペーンを実施させていただく事となりました。
最近、入庫する車両の中に、スパークプラグの材質不良で取り外す際、プラグの一部が破損する例が散見されます。最悪の場合、シリンダーヘッドの分解を伴う作業が必要となる可能性もあります。
大変お忙しい中とは存じますが、早期のチェックを実施されることをお勧めします。
特に問題がなければ作業時間は約5分。無償にて実施いたします。
 尚、今回の対応は当店独自の判断で行うものであり、スズキ二輪、車両輸入元は一切関係ありません。
 ご不明な点、ご要望がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
[PR]



# by tss1969 | 2012-03-02 14:32

キムコ当店独自のサービスキャンペーン

本日、該当するお客様にはDMを差し上げましたが、以下の内容でキャンペーンを行っています・・・
___________________________

キムコユーザーの皆様

  スタンドダンパーラバーサービスキャンペーンのお知らせ

平素より格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。ご愛用のキムコスクーターの調子はいかがでしょうか。
さてこの度、キムコの一部車種(Vリンク系、アジリティ系、スーパー8)にサービスキャンペーンを実施させていただく事となりました。
最近、入庫する車両の中に、センタースタンドダンパーラバーが劣化し本来の機能を果たしていないものが散見されます。同状態で長期使用すると最悪の場合、クランクケースの破損に至ることも考えられます。
 作業時間は約5分。無償にて実施いたします。
大変お忙しい中とは存じますが、早期のチェックを実施されることをお勧めします。
 尚、今回の対応は当店独自の判断で行うものであり、キムコ本社、輸入元は一切関係ありません。
 ご不明な点、ご要望がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
  
[PR]



# by tss1969 | 2012-03-02 14:29

RACING KING180デビュー!

 世界に名を馳せるスクーターのトップブランドKYMCO。台湾、ヨーロッパでは既に販売され好評を得ている「KYMCO RACING KING 180」が国内リリースされます。
 水冷エンジン、フロントダブルディスクブレーキ・・・。キングの名に相応しい贅沢な装備と圧倒的なパワーで、日本市場に「殴り込み!」です。

e0221789_10473222.jpg

 
      389,000円(税込)
          車体色:ブルー・ホワイト、ブラック、ブラウン、ホワイト

 オーダーを受け付けております。スペック、装備、納期など、詳しいことは当店までお訪ねください
[PR]



# by tss1969 | 2012-01-17 10:48

PCXリアタイヤ入荷!即納OK!

昨年後半より欠品が続いていたPCX125のリアタイヤが少数入荷しました。

e0221789_16524712.jpg

    
 人気モデルで販売台数も多く、通勤で使うシーンも多いので、そろそろ交換時期に達している方もいらっしゃることと思います。
「どこに相談しても、在庫無しなんですけどぉ」
 そんな方はお早めに当店までお問い合わせください。

ちなみに店頭で交換させていただく場合は・・・

 PCX後タイヤ(純正IRC製)6,090円
     交換工賃       3,150円
     処分費用         105円 
 --------------------------
       総計       9,345円
       
 ご遠方の方には、タイヤのみの発送もいたします。
[PR]



# by tss1969 | 2012-01-06 16:53

YAMAHAからリコールのオシラセ

今更珍しくも無いコトですが・・・
 YAMAHA発動機さんから、チョット規模の大きいリコールが発表されましたのでご報告。

http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2011-10-18/

http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/improve/2011-10-18/

 4stジョグとはビーノ、モルフェ、ギヤ、VOXなど原付の定番モデル全般が対象です。

 スロットルワイヤーの水分除去、ブレーキワイヤーも同様、水分除去とブーツ確認・・・。
 ワイヤー内にしみこんだ水分が低温で凍り、ワイヤーが戻らなくなる可能性がある・・・。

 本日早速2台の部品交換を済ませました。
うん、まあ、より完璧を求めれば適切な処理だと思いますが、ホントにここまで、する必要あるんかねぇ~というカンジもします(毎回ですけど)。

 日本のメーカーさん、ちょっと過敏になりすぎなのでは?一般的な概念や判断力で不適と思えるな使用状況、保管状態で発生するトラブルまで、抱え込んでいる気がしてなりません。

 昔のモデルでも一緒でしょ?そんな些細な事までリコール対象にしていたのではヨーロッパのバイクメーカーなんか、全社廃業でしょう(失礼ながら)。

どうも消費者に対して過保護になっているのでは?今回に限らず消費者が、もうチョット大人の判断で対応ですれば、回避できる案件が少なくないはず。
 機械なんて所詮、ニンゲンが造ったものですから。カンペキなんてありえません。欠点は補いながら、工夫しながら付き合える心の寛大さを現代人は失ってしまったのか!!って大げさですかね。
 まあ、私など、機械に例えれば欠陥商品、リコール対象のようなニンゲンですからエラそうにはいえませんけどね。

 とりあえず、対策部品はバッチリ揃えて皆様のご来店をお待ちしております。
[PR]



# by tss1969 | 2011-10-22 18:30

お店の情報を随時発信いたします!
by tss1969

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧